弁護士インタビュー:弁護士 井上美絵

~高い解決水準と依頼者のためになる+αの提供を目指して~

1、事務所を選んだ理由

 東京三会の合同就職説明会に参加した際に、他の事務所と比較してうちの事務所は仕事内容を具体的に話をしていたことがとても印象的でした。前職では理学療法士だったため、その知識や経験が活かせる事務所を探していました。事務所説明を聞いた際に、すぐに専門的な仕事をしていることは伝わりましたし、交通事故分野であれば私のこれまでの経験と知識を活かせると思いました。私としても早く依頼者の役に立ちたいと思っていた中で、代表の青木よりこれまでの経験を評価していただけたことも非常に入所に対して前向きになれました。

2、現在の仕事内容

 現在は、交通事故の案件が多くを占めています。交通事故を取り扱う弁護士でも、医療問題にまで踏み込んでいる弁護士はまだ少ないです。そのため、相手方の弁護士へカルテを読み込んで反論すると、言っていることを理解しきれず、反論しきれていないと感じることもあります。そこが私の強みだと思っています。

 今後はやはり、交通事故分野では他の弁護士に負けたくないという気持ちはあります。そのため、事件処理の知識に+αで依頼者のためになる知識も身に付けていきたいと考えています。

3、入所することで得られるメリット

 これまで修習などでいろいろな事務所を見てきましたが、うちの事務所の解決水準は他の事務所と比較して飛び抜けていると思っています。事件処理の手法や目を向けるポイントが他の事務所とは異なります。そのため、入所することでまずその知識が身に付けられることは、他の弁護士と比べて大きなメリットになるのではないでしょうか。私は、前職の関係で医学的知識には詳しいですが、1番大切なのはやる気があって依頼者のために頑張れるかどうかです。知識は勉強することで十分に補えます。そのため、そういう方と一緒にこれから頑張っていきたいと思っています。